帰宅部の放課後

エロゲの感想とかをダラダラ書いていく

今更だけど 天神乱漫-LUCKY or UNLUCKY!? プレイ感想

全体的な感想

f:id:wll2222:20180505025121j:plain

本当に今更なのですが先日発売された「リドルジョーカー」をプレイしましてゆずソフトの作品をもっとやりたいと思いプレイしました。でも面白いゲームやるとそのメーカーの過去作をやりたくなる心境はエロゲーマー共通の心理であると思われる。

発売されたのが2009年のちょっぴり古いゲームなのですがゆずソフトのキャラ萌えだいいちの雰囲気は昔から変わっていなく今のゆずソフトと比べても古さを感じさせないゲームだと思います。

内容は全体的に明るい学園ものなのですがパロディネタ多めで今となっては古い懐かしいネタや今でも使われているネットスラングのようなものが散りばめられていたので、そういう意味でも面白い作品でした。

システムはこの年代のゲームにしては快適すぎるほどだと思います。動作も重くなくグラフィックもHD画質とはいきませんが、1280×720あるので十分だと思います。

ゆずソフトの過去作をやってみたい方や明るい雰囲気でパロディネタ多めのゲームをお探しの方におすすめです。

 

 

 

(以下ネタバレ注意)

 

 

 

卯花之佐久夜姫(うのはなのさくやひめ)

f:id:wll2222:20180505030713j:plain

神の定期試験を受けに地上に宅配便でやって来た土地神様、神様だからなのか本名が長いです。

このゲームの魅力は正直このキャラと主人公の絡みが面白いことにあると思うぐらいいいキャラしてました。主人公いじるときの声の感じとかセリフ回しが可愛いくニヤニヤしてしまって見ていてあきませんでした。

シナリオはギャグ多めでたくさん笑わせていただきました。でもシリアス展開に入っても王道展開でキッチリと締めるとこ締めてきたかんじで後味スッキリって感じで、満足感ありました。

 

ルリ

f:id:wll2222:20180505030732j:plain

ロリ枠、ちょっと危ない感じがする。主人公の天罰の原因に大きく関わっていたのは予想外でした。

シナリオは天罰がらみのシリアス多めでしたが途中から昔の友と遊んでばかりで主人公放置気味にされていたのはちょっとかわいそうだったけどそれでもルリのために行動する主人公の男っぷりに惚れるルートでした。

 

佐奈

f:id:wll2222:20180505030744j:plain

ゆずソフトにしては珍しい?妹キャラです。主人公に対してのデレデレっぷりは最高でしたね、結構な頻度で登場する早口セリフは声優さんスゲーってなってた。

シナリオはシリアス多めって感じ、主人公にベタベタくっついてくる感じとか甘えてくる感じは最高に萌えさせていただきました。途中の「お兄さんお暇ですか?」みたな兄妹漫才のようなテンポのよいセリフ回しなどギャグシーンも多めなので読みつかれることなくサクサク終わってしまいました。

 

f:id:wll2222:20180505030800j:plain

これほど王道な幼馴染は最近のゲームだと逆にみられないかも、朝おこしに来ていたら完璧でした。

シナリオは前半の分身うんぬんの話は正直少し分かりにくかったかなって思う(僕がただじっくりと読んでいないだけかもしれない)、後半はゆずソフトらしいイチャイチャ全開って感じで。

全然関係ないんですけど、なんか昔のちょっと凝ってる幼馴染SSを読んでる気分になって懐かしかったです。

 

まひろ先輩

f:id:wll2222:20180505030816j:plain

シナリオ前半で太宰治人間失格を落とした時はもう内心「あ~まじか~先輩」みたいになってましたけど想像以上に重症な人だった...

主人公に対して行って来た行為は正直言って最悪の一言に尽きるのですが、僕は先輩みたいな人に共感もしました。人と違う価値観をもっているけど人と合わせなければいけない、でもそれは自分の本心を殺してしまいストレスになってしまう。

僕もそういう事を考えている時がありましたけどそれって結局人から嫌われたくないっていうだけなんですよね。そう思うことは当たり前で悪いことではないなのですがその気持ちで自分を殺すことはないと気がついて嫌われても自分を見せていって本音で語れる仲間が1人でもできればそれで良いんだと思います。

 

まとめ

僕はヒロインの中ではやっぱり咲夜さんが一番好きです、小悪魔っぷりがたまらん。

あとOPは荒ぶる天神乱漫のポーズで有名ですが、曲自体はEDのMUGEN∞MIRAIの方が好きですね~イントロが凄い癖になる。

全体的にギャグシーンが面白くてやっていて疲れとか感じずにサクサクできました。ゆずソフトはもっとこのゲームみたいなギャグ多めのゲームを作ってほしいなあと思いました。