帰宅部の放課後

エロゲの感想とかをダラダラ書いていく

DARK SOULS REMASTEREDをトロコンした感想

f:id:wll2222:20180614124442j:plain

個人的な感想

ダクソリマスターを二週間ぐらいじっくりやってついにトロコンできました!プレイ時間はじっくりとやったので150時間は言っていたんじゃないかなあ。

ダクソ1は初見だったのですが一応ソウルシリーズは2,3、ブラボのps4にある物はすべてプレイしていたのでサクサクと行けたかなって感じ(オンスモとマヌスは除く)

トロコンの難易度は他のソウルシリーズに比べて優しかった印象ですね、すべての奇跡、魔術、呪術を集めるトロフィーで要求される誓約アイテムの収集難易度が他と比べて低いように思えました。

すべての武器を集める「騎士の名誉」のトロフィーを獲得するのに大狼のシフのソウルが3つ必要で本来3周すれば終わるはずなのですがどうやらどこかで1つシフのソウルを砕いていたらしく四周する羽目になるっていうね...これからトロコン目指す人はボスのソウルは必要ないって思っても割らないようにしましょう。

ダクソの魅力

1で驚いたのは篝火を使って転送できないことですね(後に出来るようになる)でもそこが魅力で祭祀場から離れた土地に行くたびに「これ戻れるのかな...」みたいな緊張感があって本当に旅をしている感覚でした。

マップも気合が入っていてどこか廃れている世界観や複雑に入り組みつつもショートカットが開通するたびに「ここにつながっていたのか」って驚くことができるマップの整合性?みたいなものを感じることができるのもソウルシリーズの魅力だと思う。

マップに関してはどのソウルシリーズも出来が素晴らしいのですが、ダクソ1最大の魅力はやっぱストーリーだと思います。ストーリー自体はあまり作中では語られないのですが考察サイトなどを見ながら自分でストーリ-を想像して補完するのがはまる。特にダクソ1は各登場人物の目的がはっきりしているので話がまとまっていてわかりやすいと思いました。

騎士の名誉

冒頭にも書きましたがトロコンしようかなーって考えている人は早めに計画を立てて珍しい武器をサクサク取りに行きましょう。シフのソウルが3つ必要なので最低3周は必要です。アイアンゴーレム、クラーグ、グウィンドリン等必要ソウルが2つの奴らも注意しましょう。

竜の尻尾切りはプリシラが一番難しいと思うのですが、単純に姿を見せた時に鎌を振ったとき前転ローリングすれば後ろに回れるのでそこまで苦労はしなかった印象です。

他シリーズと比べて

シリーズ最初だけあって2,3で出ていたアイテムが登場してテンション上がったりできるのはシリーズ物の醍醐味の一つなのでソウルシリーズをやってみたい人、もしくはすでに別のシリーズをやっている人はやるべきだと思う。

ただ篝火転送できる場所が限られていたり、動作がたまに重くなる時があったりするのは他シリーズと比べて劣っている残念なポイントでもあると思う。

難易度は2>1>3の順番で高い印象ですが、ダクソ1には理不尽に負けさせるボスが少なくプレイヤースキルが足りないせいで死ぬみたいな納得のできて死ねる良ボスが多いので腕に自信がある人はぜひプレイして心を折られていただきたい。