帰宅部の放課後

エロゲの感想とかをダラダラ書いていく

俺のイヤホンスパイラル奮闘記

イヤホンスパイラルとは

ゲームや曲を聴くときに使うイヤホンをiphone付属の白いやつとか、気が付いたら持っていた出所不明の謎のイヤホンを使っている人が発症しやすい病気のようなもの。

その症状は、持っているイヤホンが壊れた時「少しいいイヤホンでも買ってみるか」なんて言って3000円~5000円のイヤホンを買ってしまったら今まで聞いていた音楽から聞こえない音が聞こえてきて「初めてウォシュレットを使った時のような快感」に目覚めてしまい更なる高みを目指してイヤホンを調べ買いあさってしまう症状である。

この症状の本当に恐ろしいところはいい音を求めてイヤホンを買ったのにも関わらず音楽を聴くことよりも「音の粗探し」から始めてしまうところや、数万円の高級器機に対してポンポンとお金を飛ばしていく金銭感覚の破壊である。

そんな恐ろしいイヤホンスパイラルがようやく落ち着いたので比較的症状の軽かった俺のイヤホンスパイラルの奮闘記を紹介する。

 

1代目 パナソニック RP-HJE150-A

パナソニック カナル型イヤホン ブルー RP-HJE150-A

パナソニック カナル型イヤホン ブルー RP-HJE150-A

 

 

とりあえず買った初号機、たしか電気屋で安いイヤホンを探しているときに買ったやつだと思う。(覚えてないけど)

これを買った当時はまだスマートフォンでなくガラケーの時代で音楽を聴くといえばウォークマンなどのミュージックプレイヤーとかPSPを持ち歩いて音楽を聴く人が多かった(外でイヤホン自体がそもそも少数派だったが)

Amazonの売り上げランキングでは常に上位で今では1000円以下で買えるコスパ最強のイヤホンと言われている印象。実際1000円以下のイヤホンにしては聞きやすい音に仕上がっていてコードの取り回しも良く安いので雑に扱え使い勝手はかなりいい。

もう買って10年以上になるけど壊れる気配もなく今でも使っている相棒です。

 

2代目 ZERO AUDIO ZH-DX200-CT

ZERO AUDIO カナル型イヤホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

ZERO AUDIO カナル型イヤホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

 

 

すべての元凶 スパイラルの始まり

最初にイヤホンを買おうと思ったのは騒音対策のためだった。というのも住んでいる場所が変わったためである。日夜騒音に悩まされていた俺はカナル型イヤホンの遮音性の凄さを知って改めてしっかりとしたイヤホンを買おうと思ったのが始まり。

予算5000円以内で探していていたところこのイヤホンの評価が異様に高かったので試聴しないでAmazonでぽちった。そして届いた商品で音楽を聴いたとき革命が起こった。

なんか聞いたことのない音が聞こえる

気持ちよく響く低音域、伸びる高音、そしてクリアなボーカルの声。初めての音にたぶん脳内ドーパミンであふれていたんじゃないかな。

こいつの実力は低音から中音域にかけてのバランスの良さにあると思います。アニソンやロック等の比較的低音域が生きる曲にマッチする印象。ですが高音の伸びが少し悪い(語彙不足)まあ要するに少しこもっているように聞こえました。

ですが5000円以下の中では間違いなく最強候補のイヤホンの一つであると考えられます。

 

3代目 JVC HP-RX700

 

イヤホンではなくヘッドホンに目覚める。結果的に重い、髪がつぶれる、遮音性がイヤホンに劣るという理由でヘッドホンは結局これしか購入していない。

しかし音質は確かに上のイヤホンに負けないスペックを持っていた。JVCの特徴はやはりキレのある低音域中心のサウンドだと思う。

このヘッドホンも低音域の表現力なら上の価格帯にも負けないぐらいのポテンシャルがあると思うけど,,,,全体的に音がこもっていて伸びきっていなかったり、何より装着性が悪いなどの理由であんまりハマらなかった残念な奴

 

4代目 エレコム EHP-CH1000GD

 

値段は相変わらず5000円以下帯のイヤホンだがこいつは試聴してハマったイヤホン。あとなんか見た目が強そうだったから購入。

こいつはゼロオーディオと逆の性能で中から高音域がよく伸びる、そしてこの価格帯にしてはなかなか良い解像度で手軽に音の分離感が楽しめる。他のイヤホンの影に隠れているけどこのイヤホンこそ安くてパフォーマンスの良い真のコスパイヤホンと言えると思う。

 

5代目 JVC JVC FXT200LTD

 

価格は一気に1万円クラスに、今まで5000円帯をさまよっていたけど音質の限界を感じて一万出してみることにした。そこで候補がいくつか上がったのだが実際に試聴してみたところ候補になかったこいつに惚れて即購入。

流石一万円クラスということでやっぱり5000円帯とは一味違う解像度を演出してくれる、このイヤホンは「キレのある音」が売りで全体的に締まりのある音に仕上がっている。アニソンやロックのスピードが速い曲によく合っていてこれらの音楽をよく聞く人は一度試聴してみるとハマる人が多いと思う。

ただ残念な点が一つあって装着感が悪いのである

ツインシステム(よくわからない)を搭載しているせいか縦に長い特徴的なボディをしているのだがこれが厄介で着けていると耳を上に押し上げるように圧迫して長時間着けると痛みを感じてしまう。これに関しては個人差があるので購入を検討中の人はできる限り試着してみることをお勧めします。

 

6代目 SHURE SE215

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 クリアー SE215-CL-J 【国内正規品】

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 クリアー SE215-CL-J 【国内正規品】

 

 

お ま た せ

1万円イヤホンの代表みたいなやつ。fxt200の装着感に耐えられず新たなイヤホンを購入しようということで絶賛されまくっているこいつを試聴もなく購入。

通称「音の鳴る耳栓」といわれているだけあって遮音性は音楽をかけていなくても耳栓並みの防音効果を発揮してくれるので、周りのうるささをかき消したい人はこれを買えば間違いないと思う。

レビューに関しては山のようにあるこのイヤホンですが、僕は音質ではfxt200のほうが勝っていると感じました、このイヤホンは全体的な解像度は確かに高いのですが低音域が強すぎて音がこもって聞こえて高音が伸びきっていないなーっていう印象。

かつては一万円帯最強だったこいつですが最近はこの価格帯のイヤホンの種類がとてつもなく増えているのでこいつ一強の時代はもう終っているのかなーって思いました。

 

 7代目 KZ ZS5 

 価格は再び5000円帯へ、se215を半年使っていたけど音に飽きてしまっていたところにDD2機BA2機というバケモノ中華イヤホンのクオリティが凄いと話題になっていたので気になって買ってみた。

感想としてはまずマルチドライバーとシングルドライバーの音の違いに驚きました。マルチドライバーの音は何というかそのままなのですが複数の音が混ざり合って一つの音に仕上げている感じがして面白いです。

このイヤホンの音は暴れている感じがして聞いていて飽きない音という印象、暴れているだけに聞き疲れやすいのですが、解像度、音のメリハリが取れていて5000円帯の中では間違いなく群を抜いた音質だと思います。

ただデカくて装着感が悪いしケーブルのタッチノイズがひどく取り回しが悪いので外で使いたい人にはお勧めはできません。

 

8代目 ETYMOTIC RESEARCH ER4SR

 

スパイラルの終わりです。こいつが止めてくれました。

価格はいきなり上がって3万円帯へ、正直一万円帯も聞き飽きてきたので少し奮発して三万出してスパイラルを止めようとこいつを購入。

最初聞いたときはただの普通の音で正直衝撃も何もありませんでしたが、しばらく聞き続けて別のイヤホンを聴くとすべてがこもって聞こえるんですよ、そしてこいつで聞き直すととんでもない解像度、音の輪郭がクッキリとしていることがわかるんですよ。

以来このイヤホン以外こもって聞こえるようになりました。解像度が高い別の高級イヤホンではどの音を強めに出しているのかがer4srと比較するとハッキリとするのでイヤホンの特徴を捉えやすくなったのかなとも思います。

以上の通り、素晴らしい解像度を持っていてどの音も強調しない真っ平らな音、言い換えればつまらない音なのですがそのつまらなさが最高のイヤホンです。

 

終わりに

以上を持ちましてスパイラル奮闘記は終わりです。スパイラル経験者として言いたいことは、今スパイラルにはまって困っている~なんて人は逆にそのスパイラルを楽しんでみるといいんじゃないかなって思います。

今はイヤホンにこだわる人が増えていて、その波に乗り非常にたくさんの新製品が誕生していて、それぞれが特徴的な音を出してくれています、その中から自分に合った最高のイヤホンを見つけるまで追い続けることは楽しいことでもありますし、音楽を聴く楽しさをさらに深めてくれるので

スパイラルは案外悪いものでも無いのかもしれないなと思いました。