帰宅部の放課後

エロゲの感想とかをダラダラ書いていく

【コーヒー初心者による】ボンマック BM-250Nレビュー

f:id:wll2222:20180704012800j:plain

僕は以前、インスタントコーヒーをがぶがぶ飲んでいましたが、コーヒーそのものに興味が出始めたので

コーヒーミルを買ってハンドドリップをやってみよう」と思い、コーヒーミルを探していました。

ネットで色々と調べてみると、どうやら手動ミルは豆を挽くのがめんどうになってしまい、ミルを使わなくなってしまう恐れがあるので、電動ミルを買ったほうがいいとのこと。

また電動ミルにも様々な種類があり、低価格のミルでは、豆の大きさが均等にならない、などのデメリットがあるらしい。

毎日使う物にはお金をかけるべき」だと僕は思ったので、予算1万円でよさげな物を探した結果、このBM250Nにたどり着いた。

 

メリットとデメリット

メリット

BM250Nはまず見た目がカッコイイ。

いかにも、雰囲気のいいカフェにありそうな見た目は、所持欲を満たしてくれる。

そして肝心な性能だが、初心者の僕でも特に不満はなく、使いやすい。

BM250Nは様々な豆の粗さに対応していて、1~8まであるダイヤルを回すことによって粗さを調節できる。

僕はいつも、ハンドドリップによる抽出でコーヒーを入れているので、中引きである4に設定している。

そして、BM250Nのうれしいところは、「豆を挽くスピードが速い」。

コーヒー1杯分である約10g程度ならば、5秒もたたずに挽き終わってしまう。

しかも、豆の粗さも均等である。すばらしいのは、見た目だけではないということだ。

また、コーヒーメーカーと違い、毎日手入れをしなくてもいいという、面倒くささが無いのも魅力だ。

デメリット

しかし欠点もある。

まず第一に、豆が飛び散りやすいことだ。

挽き終わった豆を入れる箱があるのだが、これを豆の排出口に押さえつけてやらないと、豆がビュンビュン飛び散ってしまう。

そして第二に、静電気が発生して、豆がくっつくことだ。

挽き終わった豆が、排出口の入り口と、その周辺にくっついて離れないので、清潔を保つならば、付属のはけで、いちいち豆を払ってやらなければいけない。

 

まとめ

BM-250Nは、購入してから毎日使っているが、非常に満足している。

何よりも、手入れの必要が少なくて、挽く速さも早いので、コーヒー1杯にかける時間が少なくてすむのが、すばらしい。

そして、本格的にコーヒーを入れようと思っても、十分な性能をもっているので、僕のような初心者でも、十分においしいコーヒーを淹れることができる。

もし、僕のように「がぶがぶコーヒーを飲みたいけど、本格的にコーヒーを淹れてみたい」そんな人にお勧めだ。

 

ボンマック コーヒーミル レッド BM-250N

ボンマック コーヒーミル レッド BM-250N