帰宅部の放課後

エロゲの感想とかをダラダラ書いていく

僕がゲームしながら食べているおすすめお菓子たち

この記事について

じっくりと腰を据えてゲームをするときに、欠かせないドリンクとお菓子。

僕はゲーム×お菓子って言う組み合わせの謎の犯罪臭が好きだ、特に夜中にダラダラとゲームしながら食べるお菓子は、美味さが倍増してる気がする。

この記事では貧乏学生の僕がゲーム中に食べている、「コストとパフォーマンスと自分の好み」という視点から厳選したお菓子たちを紹介するぜ。

 

ドリトス タコスorナチョチーズ

ドリトスはカッパえびせんよりも辞められないし、止まれない中毒性を持った危険物だと思う。

メタルギアpwでスネークが食いまくってるのも頷ける。

とにかく濃い味が特徴で思わずしゃぶりたくなる味付けと、若干の苦味が効いたチップス部分がうまくマッチして最強に見える。

そして安い、何よりも安い。

僕の地域では普通のポテチが大体100円行くか行かないかぐらいだけど、ドリトスはいつも一袋80円を切っているのでついつい買ってしまう。

問題点は、食べた後に手を拭かないとコントローラーが汚れてしまう点だが、そんなことはドリトスの美味しさの前には些細な事だ。

 

明治 ミルクチョコレートBOX 26枚

明治 ミルクチョコレートBOX 120g×6個

明治 ミルクチョコレートBOX 120g×6個

 

こいつは何と言っても食べやすい。

明治チョコといえば板チョコだが、正直いちいち割って食ってられないし、かぶりつくのも食べづらい。

ただこいつの場合丁度いい大きさでチョコレートが個別包装されているので、ゲームなどの手が忙しい作業の合間にも素早く食べることができる。

ちなみに僕はゲームだけでなく、勉強のお供もこいつにしています。糖分摂取は大事だからね。(一箱開けながら)

味の方は文句はないでしょう、まあ明治のチョコが美味しくないっていうのは、チョコ苦手な方だけですしね。

とにかく食べやすく美味いんだけど、それ故に止まらない。

チョコレートの食べ過ぎはあまりよろしくないのだが、分かっていても止まらない。

仕方ないよね明治のチョコだし。

 

ココナッツサブレ

日清シスコ ココナッツサブレ 20枚×12袋

日清シスコ ココナッツサブレ 20枚×12袋

 

どのお菓子よりも安くボリュームがあって美味しいという、まさにコスパ最強の言葉に相応しいお菓子。

薬局で90円ぐらいで買えてこの量は凄い。

最近だと1つの箱にまとめてサブレを詰めるのではなく、4つの箱に数枚のサブレを入れる個別包装式になって食べやすくなった。

甘いんだけど甘過ぎず、ポテチとは違うサクサク感が特徴で中毒性も高い。

最近は味も増えているようなので、機会があれば色々試してみたい。

 

パインアメ

パイン パインアメ 1kg

パイン パインアメ 1kg

 

僕はアメはあまり食べないのだが、こいつは別格。

パインアメを食べたことがある人はわかると思うが、口の中が斬れようが味に飽きてこようが食べ続けてしまうほどの中毒性がある。

しかもアメを舐め続けていると先が尖った形状に変化するので口の中を切ることも可能。

まさに口内クラッシャーである。

アマゾンに売っているパインアメ1kgを結構買っているのだが、何回試しても1ヶ月どころか2週間持ってない。ナンデダローナー

 

森永製菓のラムネ

森永製菓 ラムネ 29g×20個

森永製菓 ラムネ 29g×20個

 

飲むほうじゃない奴、駄菓子だけど甘く見てはいけない。

小学生の時とかたまに食べていたけど、最近食べてみたら結構おいしかったからたまに箱買いしている。

ラムネはブドウ糖が90%も含まれているので、ゲームや勉強などの脳を使う作業にはうってつけのお菓子でもある。

最近は森永製菓自体もラムネのターゲット層を子供から大人にシフトチェンジしているらしく、パッケージに「ブドウ糖90%!」みたいなことが書いてあった。

 

まとめ

書き起こしてみると、自分のお菓子のバリエーションが案外少ないなと思ったので、これからどんどん増やしていきたいなーと思いました。

お菓子単体だけでなく、よくコーラやペプシと一緒に買ったりするんだけど、それらとの組み合わせも考えていきたい。

とにかく今あげたお菓子たちはリーズナブルかつ非常においしいので、今度コンビニやドラックストアに行った時にでも籠に入れて、改めて味を確かめてほしい。